RECRUIT
COLUMN

美容師アシスタントどんな悩みが多い?具体的な解決策とアドバイス

美容師アシスタントどんな悩みが多いのか、具体的な解決策とアドバイスについての説明

美容室に入社をしてから一人前の美容師になるまで、アシスタントとしての道のりは、挑戦と悩みがつきものです。

アシスタント時代の経験は、技術やサービスの習得や美容業界でのキャリアを築くためにも大切なステップです。

日常のさまざまな課題は、将来プロの美容師として成長するために不可欠な貴重な経験といえます。

アシスタント時代の悩みやハードルは高く感じることもあるかもしれませんが、それらを克服することで、確実にプロフェッショナルへの階段を登ることができます。

そのためにも、日々の課題を前向きに受け止め、学びの機会と捉え、自分のキャリアを積極的に築いていくことが大切です。

美容師アシスタントとして直面する困難は、成長と成功への大切な一部です。今回はアシスタントが直面する悩みに焦点を当て、具体的な解決策とアドバイスをまとめてみました。

アシスタント時代の手荒れの悩み

重ねている女性の手

アシスタントの主な仕事の一つに、お客様へのシャンプーがあります。人気のサロンでは1日20人以上のシャンプーを担当することもあります。

気持ちのよいシャンプーは、お客様からの指名を受けるチャンスを提供してくれます。

しかし、シャンプーやカラー剤を頻繁に使うことが、特に皮膚が敏感なアシスタントにとって手の荒れの原因になります。毎日、長時間の水仕事は皮膚を乾燥させ、手荒れの原因となります。

また、化学薬品に触れたりすると、手の皮膚が荒れやすくなり、ハンドクリームを使っても改善が難しいこともあります。

これはアシスタントにとって避けられない課題ですが、シャンプー以外の担当できる施術が増えていくにつれてシャンプーの回数は少しずつ減り、手荒れも徐々に改善していく傾向があります。

サロンワークにおける腰痛問題と対処法

腰に痛みのある男性の後ろ姿

シャンプーなどの施術による中腰の姿勢は、長時間にわたると腰痛を引き起こす原因となります。腰痛を予防するためには、正しい体勢を保ち、定期的にストレッチをすること、そして腹筋、背筋、仙腸関節周りの筋肉などのコア筋力を鍛えることが大切です。

アシスタントは、シャンプー・カラー・パーマの施術中に中腰の姿勢を取ることがよくあり、これが腰痛の一般的な原因になることがあります。
このような姿勢を毎日続けると、腰痛のリスクが高まってしまいます。

腰痛を予防するためにはコルセットの着用がおすすめです。コルセットは腰をサポートするだけでなく、ウエストを引き締める効果も期待できます。

腰痛はアシスタントや美容師にとって職業病ともいわれてますが、腹筋を鍛えたり、体型に合ったコルセットを使ったりすることで、腰痛の改善に役立ちます。

アシスタントの仕事とリフレッシュのバランス

アシスタント時代はお客様対応以外にも開店前準備のタオルたたみ、掃除、洗濯、技術練習など、やらなければいけない担当業務がたくさんあります。
特に社会人がはじめての人には多忙なスケジュールでストレスや時間管理が難しく感じることもあります。

そんなストレスをうまく緩和するためには、効率的な時間の使い方を学び、仕事の外でもリラックスする時間を持つことが大切です。

休日についても考えてみましょう。

仕事が忙しく、疲れが溜まったと思ったら、休日は体と心をリフレッシュする時間を優先させることが大切です。十分な睡眠を取ったり、軽い運動をしたり、友達や家族と楽しい時間を過ごしたり、自分をリセットするための時間を楽しんでください。

また、職場でのストレスを軽減するために、先輩や仲間とコミュニケーションをとることも大事です。同じ環境で働く仲間と情報を共有したり、先輩からアドバイスをもらったりすることで、困ったことを一緒に乗り越えることができます。

プレッシャーに負けないデビューまでの成長戦略

地平線をバックにジャンプする三人のシルエット

アシスタント時代は営業時間が終わってからも、美容師になるための技術練習が必要になります。特定のサロンでは月に1回~2回、カット・カラー・パーマなどの技術オーディションが行われ、合格するには多くの努力が必要です。

このような技術練習はすべてのアシスタントに課せられているわけではないですが、技術練習を怠らずに努力することが、指名を多くもらえるカリスマ的な美容師になれる秘訣です。

しかし、技術向上へのプレッシャーもアシスタントにとって大きな悩みの一つです。営業後に行われる練習や定期的な技術オーディションは、技術力を高めるためには欠かせないものですが、同時にプレッシャーも伴います。このプレッシャーに立ち向かうためには、デビューするまでのゴール設定を明確にし、自分の成長を楽しむ心の持ち方が非常に重要になります。

「忙しい日々を乗り越えて」美容師アシスタントの充実と成長

アシスタント時代は「働く時間が長いなー」感じることがあるかもしれません。出勤日にはほとんど自由な時間を持つことが難しいことがあります。

休日は他の職業と同じように取れますが、時には技術の講習会や営業に関する研修に出席しなければならないこともあり、休日であってもなかなか疲れが抜けず、1日中休息に充てる人もいます。

学生時代の友人たちは週末に休暇を楽しむ中、アシスタント時代は連休が取れにくかったり、週に1日しか休めないことがしばしばあり、この状況に友人たちが羨ましいと思うかもしれません。

しかし、アシスタントとしての日々を過ごし、技術もすべて習得し、一人前の美容師になると時間やお金の余裕ができたり、自由な時間が増えてきます。アシスタント時代は時間が限られていることが多いですが、それは技術向上のための大切な練習期間であり自分への投資と考えていきましょう。

まとめ

アシスタントとしての仕事は、確かに多くの挑戦と悩みを抱えることがありますが、これらはすべて、自分のスキルを向上させ、美容業界で成功するための貴重なチャンスです。

毎日の課題を克服することで、一人前の美容師として成長していくチャンスが待っています。アシスタントとしての悩みは時には厳しいこともありますが、それらは一時的なものです。その壁を越えることでプロへの道に確実に近づけます。

日々の悩みをポジティブな学びの機会として捉え、積極的に自分のキャリアを築いていきましょう。将来、お客様に美しさと自信、そして喜びを提供する存在として、輝かしい未来を築いてください。

MUGEN GROUP RECUIT Endless Dream