RECRUIT
COLUMN

美容師の仕事は「きつい」? みんなが思うランキングと克服方法

美容師の職業は、しばしば「厳しい」「帰宅が遅い」「給与が低い」という3つの理由で大変な仕事だと言われます。

しかし、実際のところ、美容師として働くことの大変さはどのようなものなのでしょうか?

美容が好きな人やおしゃれに興味がある人にとっては、美容師は魅力的な職業かもしれませんが、その実態は「厳しい」とされています。

今回は、美容師の職業が抱える厳しい部分にスポットを当て、その実態を探ります。

こちらの順位を参考に、あなた自身が「美容師として働くのに向いているか?」、そして厳しさをいかにして改善できるかが理解できるでしょう。

美容師として感じる困難な状況を軽減するための具体的な対策もご紹介します。

美容師の仕事で一般的に「きつい」と言われる順位は?

長時間労働

美容師の一日は非常に長く、開店前の準備から閉店後の片付けまで、平均で約10時間以上を要します。

加えて、技術向上のための練習時間も必要です。

この長時間労働は、美容師の仕事で最も「きつい」部分として知られています。

特に忙しい日には、適切な休憩を取ることも難しく、疲労が蓄積しやすい状況です。

給与が低い

美容師の平均年収は300万円~350万円程度であり、これを月給に換算すると25万円~29万円です。

税金や社会保険料を差し引いた手取り額はさらに低くなります。労働の厳しさと収入の低さが問題視されています。

肉体的負担

長時間にわたる立ち仕事と、シャンプーやヘッドスパのような前かがみの施術は、美容師にとって大きな肉体的負担となります。

腰痛や足の疲れは慢性的な問題となりがちで、健康を害することも少なくありません。

このような肉体労働は、美容師の仕事をより一層困難にしています。

アシスタント期間の長さ

美容学校を卒業後、アシスタントとしての長い下積み期間が必要な場合があります。

この期間はだいたい2年~5年と長期に及び、仕事内容は多岐にわたりますが、給与は低く、仕事の量と質の厳しさは高いままです。

この長いアシスタント期間は、美容師としてのキャリアをスタートする上での大きな障壁となっています。

しかし、美容師のキャリアにおいて、アシスタント期間は特に重要なステップです。たしかに、この期間は困難を伴い、一部の人にとっては厳しいものとなることもあります。

この時期を乗り越えることは、将来の転職において大きな強みになります。

アシスタントとしての経験は、仕事の幅を広げ、将来の機会を拡大する基盤となります。

アシスタント期間を乗り越えることで、あなたの職業的な成長に大きく役立ち、美容師としての成功をさらに確実なものにするでしょう。

この時期を有意義に活用し、自分自身を成長させるチャンスと捉えることがおすすめです。

手荒れの問題

美容師は日常的に水仕事を行い、薬剤を頻繁に扱うため、手荒れは一年中の悩みとなります。

特に肌が敏感な人にとっては、これが仕事を続ける上での大きな障壁となることがあります。

手荒れは、美容師の仕事の肉体的な困難さを表しています。

上下関係の厳しさ

理美容業界では、上下関係が非常に厳格に守られています。

上司や先輩の言うことが絶対とされ、厳しい指示に従わなければならない状況は、精神的なストレスを引き起こす要因となります。

この上下関係の厳しさは、美容師の職場環境をより厳しいものにしています。

お客様とのコミュニケーションの難しさ

美容室では様々な年代やライフスタイルを持つお客様と接する必要があります。

それぞれのニーズに応じた対応を行うことは、高いコミュニケーションスキルを要求されます。

お客様の要望を正確に理解し、満足のいくサービスを提供することは、精神的にも大きな負担となります。

また、時には厳しいフィードバックやクレームに直面することもあり、これがストレスの原因となることがあります。

指名数のプレッシャー

美容師にとって、指名客の獲得は重要な収入源です。

しかし、指名数が増えない場合、精神的なプレッシャーや将来への不安を感じることがあります。

特に新人や若手の美容師にとっては、自分の技術や接客が評価されないと感じることが、自信の喪失やモチベーションの低下につながることがあります。

指名を増やすための努力は、美容師にとって大きな精神的な負担となります。

このように美容師という職業が「きつい」と思われる背景には、競争が厳しいという点も挙げられます。

美容室の数がコンビニエンスストアを超えるほど多く、毎年15,000人~20,000人が美容師免許を取得しています。

このように競争相手が多い環境では、通常の業務時間外にも練習を重ねたり、他の美容師よりも多く働いたりすることが求められ、生き残るための努力が必要になります。

また、美容業界には伝統的な師弟文化が今でも残っています。

昔は弟子が師匠の下で技術を学ぶというスタイルが一般的でした。

専門学校を卒業した後も、新人は「アシスタント」として長期間の下積みを経験する必要があります。

この伝統は、新人美容師に対して重労働と低収入の環境を強いており、一人前になるまでの道のりは厳しいとされています。

これらの要因が組み合わさり、美容師の仕事が「きつい」とされる理由を形成しています。

美容師の仕事は「きつい」と諦める前に働き方を変えてみませんか?

美容師としての仕事が「きつい」と感じる場合、それは必ずしも仕事内容に原因があるわけではなく、職場環境に課題があるかもしれません。

実は、環境を変えることで、多くの問題が解消される可能性があります。

例えば、労働条件の良い美容室や、労働と成果が見合った収入を提供するサロンに転職することで、美容師としてのキャリアを続けることができます。

また、美容師の仕事は、ただ「きつい」だけではありません。

スキルを磨き、経験を積むことで、高収入を目指すことができますし、年齢を重ねても長く活躍できる職業です。

美容師としての働き方には多様性があるため、自分に合った環境を見つけることが可能です。

つまり、苦しい職場環境に我慢するだけでなく、自分にとって最適な条件を持つサロンを探すことが重要です。

やりがいを感じられる美容室の求人情報をチェックし、自分に合った働き方を見つけてみましょう。

これが美容師としてのキャリアを充実させ、業界での成功への道を開く鍵です。

美容師+アイリスト!ムゲングループでハイブリットな働き方

一般的な美容室の仕事が「きつい」と感じている方には、専門性の高いムゲングループに転職して、美容師免許を活かしたセカンドキャリアスタートすることをおすすめします。

ムゲングループでは、美容師としての経験と免許が活かされ、新しいスキルや知識を身につけることができます。

美容師としての専門性を深め、キャリアの幅を広げるチャンスがあります。

  • アイラッシュブースが併設されているサロンで美容師としてもアイリストとしても活躍できます
  • 新たにアイリスト、アイブロウリストとしてのスキルが身に付き、キャリアアップのチャンス

ムゲングループでフリーランスに転身!自由な働き方もOK

スキルと実績がある美容師の方は、ムゲングループでフリーランスに転身することを検討してみませんか?

フリーランスとして働くことで、自分のお客様や美容室の依頼に応じて柔軟に自由に勤務することができます。

このスタイルは、あなたの技術と才能を活かして報酬を得る素晴らしい方法であり、固定雇用よりもストレスが少ない働き方です。

報酬は技術売上の60%(諸経費自己負担・指名入客のみ)と、非常に魅力的に設定されています。

また、将来的に自分の美容室を持つ夢をお持ちの方にとっては、フリーランスとして経験を積むことが大きなステップになるでしょう。

ブランクがあってもOK!パートとしてもう1度美容師を目指そう

ムゲングループでは、アシスタント時代にキャリアを中断してしまった方や、産休や子育てでブランクがある方を応援しています。

そのために独自のパートアカデミーを開催しています。このアカデミーでは、新しい技術や薬剤に対する不安を感じている方にも安心して取り組める環境を提供しています。

技術の見直しからスキルアップまで、各個人のレベルに合わせてプログラムを進めるので、どなたでも自信を持って参加することができます。

このアカデミーは、美容師としての再スタートを切るための理想的な環境です。

まとめ

美容師になるための学費は、昼間の通学課程で約200万円~300万円(夜間課程や通信課程ではそれ以下)となります。

これには教材費や実習材料費、国家試験の受験料や美容師登録の手数料などが含まれます。

これらの出費は、あなたの美容師としての将来に対する大きな投資です。早く仕事を辞めてしまうと、これらの努力と投資が無駄になってしまいます。

この投資を活かすためにも、美容師としての道を諦める前に、環境を変えるなどの選択肢を考えることが大切です。

美容師として成功するための道は多岐にわたり、辛い時期を乗り越えれば、より充実したキャリアを築くことができます。

ムゲングループなら美容師としての長期的な視点を持つことができ、これまでの投資を最大限に活用することができる環境が整っています。

MUGEN GROUP RECUIT Endless Dream