自社の年代別勉強会


111

先日、自社の年代別勉強会に参加しました。

この勉強会では外部の講師に来ていただき、ランク別に数字を分析をし、アドバイスをもらう形です。

この講師のお陰で指名200万円以上のスタイリストをたくさん増やすことが出来ました。とても大切な勉強会です。

ランクの中に「デビュースタイリスト」のグループがあるのですが、少し気になることがありました。

「なかなか数字が上がってこない」
「全体の数字のバランスが悪い」等


弊社のカウンセリングは自己紹介から始まり、スタイルカウンセリング、メニュー提案、価格や時間の説明、確認etcとなるのですが、これをきちっとやればある程度の数字は必ず達成します。

どうやら、どれ一つ取っても僕が納得するレベルまで出来ていない感じがしました。

デビューを急いでしまったからなのか?
カリキュラムが変わったのか?

原因は様々あると思いますが「ムゲン流」に仕上がっていませんでした。このままでは、一般的なことしかできない美容師になってしまいます。

「ムゲンに入って良かった」
「売り上げが150万円を超えた」
「指名のお客様がたくさん増えた」
「お給与もたくさんもらえる」


本当に美容師って楽しく、豊かで幸せな職業だと思ってもらえるムゲンにならなければと、再度、自分に言い聞かせました。

問題点が解れば後は簡単です。