【2021秋・冬】ハイライトカラーのスタイル別特集!黒髪×ハイライトの魅力とは?

デザインカラーの中でも人気が高いハイライトカラー!もう試してみましたか?今回は黒髪にハイライトを入れることでナチュラルにおしゃれを楽しめる髪型を紹介します。黒髪×ハイライトは根元がのびてきてもプリン状態になりにくい髪型なので定期的に美容室に行けない人や、お仕事の関係で全体を明るくするのが難しい人におすすめのデザインカラーです。

ハイライトで黒髪をデザイン【2021秋・冬】スタイル別特集

〜目次〜

  1. 1. 黒髪×ハイライトってどんなデザインがあるの?
  2. 2. 黒髪×ハイライトの魅力とは?
  3. 3. ハイライト×グラデーションを組み合わせたバレイヤージュ
  4. 4. 色っぽくツヤ感アップのボブ《ハイライト×ローライト》
  5. 5. ナチュラルにこなれ感アップ《ブリーチなしハイライト》
  6. 6. 軽やかに毛流れをつくる髪型に《太めハイライト》
  7. 7. ナチュラルな立体感でボリュームUP《細めハイライト》
  8. 8. より立体的に動きのある髪型に《ハイライトのメリット》
  9. 9. 黒髪×ハイライトの色落ちは?
  10. 10. まとめ

黒髪×ハイライトってどんなデザインがあるの?

シークレットハイライト・フェザーハイライト・インナーハイライトなどハイライトにも様々なデザインがあります。「ハイライトとメッシュは同じ?」と思っている人も多いかもしれません。
ハイライトやローライトもメッシュのひとつで、メッシュは髪に立体感を出すために縦に筋状にカラーを入れる技法です。ハイライトとは明るい色、ローライトとは暗い色を指すので「ハイライトでメッシュを入れる」という言い方が正しいです。
最近では細い線状で全体的にカラーを入れることをハイライト、根元から太く毛を取って部分的にカラーを入れることをメッシュと呼んでいる美容室も多いです。

黒髪×ハイライトの魅力とは?

\ ポイント /

  1. 黒髪でも重たさを感じない
  2. 立体感が出て動きが生まれる
  3. 明暗のコントラストがキレイ
  4. 根元のプリンが気になりにくい
  5. ダメージを最小限にイメチェンが可能

ハイライトカラーとは現在の髪色ベースよりも明るいカラーを部分的に入れることです。逆に現在の髪色ベースより暗いカラーを入れることをローライトといいます。
ハイライトの明るさはベースの髪色が暗いほど明暗のコントラストが引き立つので黒髪との相性は抜群です◎

重たくなりやすい黒髪にも軽やかな動きが生まれたり、ベースの色を変えなくてもハイライトを入れるだけで抜け感のあるおしゃれなヘアスタイルに仕上がります。
イメチェンしたいけどダメージが気になる人にもおすすめです。

ハイライト×グラデーションを組み合わせたバレイヤージュ

デザインカラーの中でも人気のバレイヤージュ。バレイヤージュとは、筋状に入れたハイライトとグラデーションを組み合わせた技術です。

黒髪ベースのミディアム~ロングの髪型の人はバレイヤージュにすると毛流れが引き立ち、黒髪×ハイライトの魅力とはコントラストがとても幻想的です。ベージュ系のバレイヤージュも人気ですが、アッシュ系、ブルー系も個性的でおすすめですよ◎

色っぽくツヤ感アップのボブ《ハイライト×ローライト》

いつものボブスタイルによりナチュラルな立体感を出して、色っぽくツヤ感UPするならハイライトとローライトのミックスがおすすめ◎黒ベースにブリーチなしの太目のブラウンハイライトと、ブリーチありのベージュシークレットハイライトが絶妙なコントランスを演出。

ナチュラルにこなれ感アップ《ブリーチなしハイライト》

「ハイライトカラーはブリーチが必要?」と思っている人も多いかもしれませんが、ブリーチをしなくても黒髪ベースよりハイライトカラーのトーンを上げるだけで、ナチュラルだけどこなれ感のあるハイライトを実現できます◎
初めてハイライトにトライする人や、お仕事の関係で派手なカラーがNGな人もブリーチなしのハイライトなら安心してお試しできます♪

軽やかに毛流れをつくる髪型に《太めハイライト》

\ 太めハイライトのポイント /

  1. 軽やかに見せたい
  2. アクセントをつけたい
  3. カッコよくクールなイメージ

ナチュラルな立体感でボリュームUP《細めハイライト》

\ 細めハイライトのポイント /

  1. ボリューム感をUP
  2. 立体感を出したい
  3. ナチュラルなイメージ

より立体的に動きのある髪型に《ハイライトのメリット》

\ 黒髪×ハイライトのメリット /

  1. 何度も重ねることでより立体感ある髪型に
  2. ブリーチなしでも繰り返すごとに明るい髪色に
  3. 重ねるごとにグラデーション風に
  4. マメにカラーをしなくてもOK

黒髪×ハイライトの色落ちは?

ハイライトカラーに限らず、カラーはシャンプーをするほど色落ちしていくものです。ハイライトカラーの色持ちはブリーチのあり・なしにもよりますが、ブリーチありの場合は染めたてのキレイな状態は約1週間~10日程。その後は徐々に明るい色に変化していきます。
色落ちすることを前提に考え、最初に色を濃いめに入れる方法もあるので美容師さんと相談してみてくださいね!

▼お気に入りのカラーを少しでも長くする方法をもっとくわしく

まとめ

ハイライトといっても、幅や太さ・入れる量・選ぶカラーによってナチュラルからエレガントまで様々な印象が楽しめます。ハイライト初心者で本数や太さのオーダーが不安な人は美容師さんに画像を見せながら、仕上がりのイメージを伝えることをおすすめします。
ぜひ理想的なハイライトカラーを手に入れてくださいね!

関連記事

人気記事ランキング

1

髪質改善の効果や期間、値段はどれくらい? 失敗しないトリートメントの選び方

2

バレイヤージュカラーとは? 特徴や魅力を人気タイプから徹底解説

3

ブリーチカラーとは? 人気のスタイルから時間や色落ちの原因まで解説

4

子供のヘアアレンジ!女の子の簡単可愛い髪型スタイルまとめ

5

サロントリートメントはどんな効果があるのか〜美容室に行く前に〜

新着記事

Copyright © 2021 matey All Right Reserved.